POSレジで店舗管理

subpage1

POSレジは普通のレジとは違い計算機能だけではなく、情報を記録することができるということです。その情報も最近はとても多様化し、どの商品がいつ何個売れたのか、いくらで売れたのかという情報だけでなく、どのようなお客様が購入したのか性別や年齢層などの情報も入力することができ、他にも天候などの情報を記録することができるというものです。

このような情報を分析することで売上向上や在庫管理、マーケティングなどに活用することができるというものです。
またPOSレジはネットワーク接続できるものが増えており、多店舗展開するような企業が導入してサーバーでデータを集めて店舗運営や経営分析まで行うことができるというものなのです。



時間帯別の売れ筋商品などがわかるようになれば、その時間帯までに在庫を確保できるように発注することができるようになります。



また売れ筋商品と関連して売れる商品があれば、その商品と同じ場所に棚展開をさせて売れるようにするといったことで売上アップに繋げることができるようにもなります。

また逆にあまり売れていない商品があればなぜ売れないのか、時間帯や天候など分析し、場所を変えてみて売上を見たりすることもできるようになります。

在庫としてはできるだけ少ない方がよいため、このような商品の発注管理はポイントとなってきます。

POSレジを導入することでこのような情報を集めて売上向上や在庫管理、マーケティングなど店舗管理に活用することができます。

素敵なマイナビニュース情報を厳選して紹介しています。