POSレジとレジの違いとメリット

subpage1

レジはキャッシュレジスターの略で店舗で商品やサービスの金額を計算・記録・不正を防ぐために生まれ、機械からパソコン、現在クラウド連携をしたタブレット型に進化しています。


POSレジのPOSにはPointOfSalesという意味があり日本語では販売時点情報管理という意味があります。



POSレジはお客様と金銭のやり取りをした時点で販売情報を管理するシステムが搭載しているレジです。

朝日新聞デジタルについての詳細な情報を知りたいならおオススメのサイトです。

ネットワークが繋がっているため、販売情報が集約していて、蓄積・分析されるためお店や企業の売上改善をする可能性があります。POSレジは本部機能を持つ小売りチェーンや飲食チェーンが導入することが多いですが、近年では小規模店舗でもデータ解析を行って店舗運営の改善などを行うために導入されています。

キャッシュレジスターにはないPOSレジのメリットはいつ・何が・何個・いくら売れたかという販売データが正確に把握することができるという点です。

さらに顧客の性別・年代・来店した人数などさまざまな項目を組み合わせると、さらに詳細な販売データを作成することができます。


販売データだけでなく、在庫や発注などの管理にも欠かすことができないデータを蓄積・分析することができ、客層や天候、時候で売れ行きの変動などを予測することができるようになります。



従来のレジシステムでは金額や部門を手打ちしていたため、打ち間違いが多く時間が掛かっていましたが、POSレジは多数の商品データの登録がされていて、バーコードをスキャナーと連携させて打ち込みの時間を短縮することができます。
打ち間違いが減ることによって、経理・会計業務を軽減することができます。