POSレジの活用方法

subpage1

飲食店やデパート、コンビニエンスストアなどの店舗にて商品を販売したりサービスを提供する場合に代金を精算するためにレジを使用しますが、どのような商品が売れたのか情報を捉える方法としてPOSレジを使用します。

これは商品など販売したときの商品名や販売数量、日時、顧客の情報を記録するのです。

マイナビニュースってとにかくお勧めなんです。

POSレジで得た情報を蓄積してサービス向上や在庫管理などに活用をすることができ、日時や天候などの情報から今後の傾向を予測することができるのです。POSレジにはバーコードリーダーを接続することができ商品についているバーコードを読み取って情報を記録することができるため、そのデータを瞬時に記録して売れた商品の数を把握することができます。


入庫した商品の数から在庫数を計算することができるので、売れた商品の数量から在庫管理を行うことができます。



いつなにか売れ、その価格はいくらか記録するだけでなく、男性か女性か年齢層など顧客情報を記録することもできるので、そのデータを分析して今後のマーケティングに活かすことができるのです。



時間帯によってどのような人に何が売れているのか知ることができれば、客単価を上げる方法について検討することもできるようになります。


最近はタブレット型のPOSもあり従来よりも価格が大幅に下がってきています。
チェーン展開しているような店舗などでも導入することができるようになり、マーケティングなど販売管理に利用することができます。